トップページ >

合唱団鯨とは

合唱団「鯨」は、東京の新宿区大久保で毎週木曜日に活動している合唱団です。1967年12月に作曲家故芥川也寸志氏を中心に創立されました。
1979年からは黒岩英臣氏を指導者に仰ぎ、今日に至っております。
これまで、ベートーベン「ミサ・ソレムニス」、バッハ「マタイ受難曲」、モーツァルト・フォーレ・ヴェルディ・ケルビーニ・ドヴォルザークの「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、「エジプトのイスラエル人」、メンデルスゾーン「エリヤ」など、世界の名曲・大曲を演奏してまいりました。
団員は、会社員・主婦・教員・自営業・公務員等あらゆる職業にわたり、年令も20代から70代まで、幅広い人達によって構成されています。定年をきっかけに入団した団員も少なからずいます。
黒岩氏の指揮の下で、プロのソリスト、オーケストラと共に演奏しませんか。団員を募集致しております。

第63回定期演奏会

次の演奏会

2018年10月7日(日) 合唱団鯨 第70回定期演奏会 メンデルスゾーン「エリヤ」