バッハ ミサ曲ロ短調を練習します

昨日、第71回定期演奏会を無事に終えることが出来ました。関係者の皆様、ご来場の皆様、本当にありがとうございました。

さて、次の練習日の12月12日(木)からは、バッハ「ミサ曲ロ短調」を歌います。

当団では、2003年3月に演奏していまして、 この時は私も、このような合唱を歌うようになってまだ数年でしたが、なんて美しい曲があるのかと感動したことを覚えています。
今回、また歌えることがとても嬉しく、丁寧に練習していきたいと思っています。

この素晴らしい曲を一緒に歌う仲間を募集しています。
演奏会は2021年春を予定しておりますので、1年以上の時間をかけて取り組みます。まずはお気軽に、見学にいらしてください。

見学をご希望の方は、info@kujira.orgまでご連絡ください。

合唱団鯨 第71回定期演奏会

いよいよ、12月8日(日)はミューザ川崎での演奏会です。
今年は東京都合唱祭への出演など、新しい試みにも挑戦しました。
ミューザ川崎で歌うことも、鯨としては(たぶん)初めてです。

合唱団鯨 第71回定期演奏会

L.v.ベートーヴェン: ミサ曲ハ長調 Op.86
J.ブラームス: 埋葬の歌 Op.13, 運命の女神の歌 Op.89, 運命の歌 Op.54

指揮 黒岩英臣
ソプラノ:大村博美
アルト:清水華澄
テノール:古橋郷平
バス:ジョン・ハオ
クライネス・コンツェルトハウス管弦楽団
合唱団鯨
合唱指揮: 松村努

2019年12月8日(日) 13:00開場 14:00開演
ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎駅西口)
S席: 4,500円 A席: 3,500円 B席: 2,500円 学生・車椅子席: 1,000円
主催: 合唱団鯨

当日券もあります。まだ間に合いますよ。

東京都合唱祭に出演します。

東京都合唱祭に初出演します。
2019年7月6日(土) Fブロック(13:30~16:00) の16番目( 15:45 頃)の出演を予定しています。
曲は、12月8日の定期演奏会で歌うベートーヴェン「ミサ曲ハ長調」から、キリエとグローリアの抜粋を歌います。
新宿文化センター大ホール、入場無料です。

春ですね。新しいこと始めませんか?

だんだんと温かくなってきました。
4月から新生活がスタートする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ベートーヴェン&ブラームスの練習を開始してから
たくさんの男声新入団員が入ってきました。
女声の新入団員も絶賛募集中です。もちろん男声も大歓迎ですよ。

当団の最大の魅力は、大変に素晴らしい指導者に恵まれていること。
そして、練習会場が固定されていることも通いやすさになっています。

まずはお気軽に、見学にいらしてください。
なお、3月21日は祝日のため、練習時間が異なりますので、
ご注意くださいね。

見学をご希望の方は、info@kujira.orgまでご連絡ください。

合唱団員募集

演奏会が終わり、次の曲が始まりました。
合唱団にとって別れと出会いの季節です。
新しく合唱団をお探しの方はもちろん、復団の方も歓迎いたします。

☆練習曲☆
ベートーヴェン「ハ長調ミサ」
ブラームス「運命の歌」
ブラームス「埋葬の歌」
ブラームス「運命の女神の歌」

☆次回演奏会☆
合唱団鯨第71回定期演奏会
2019年12月8日ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮 黒岩英臣

見学をご希望の方は、info@kujira.orgまでご連絡ください。

10月11日からの新曲楽譜

エリヤの演奏会まで1か月と少しとなり、
先日、次の曲の楽譜が配布されました。

次回曲は、ベートーヴェン「ハ長調ミサ」他です。
ハ長調ミサの他に歌うのは、ブラームスの3曲で
その中の「運命の歌」は以前にも合唱団鯨で歌ったことがあり、
また歌えることが今から楽しみです。

ベートーヴェン、ブラームスの練習は
演奏会の翌週、10月11日(木)から開始いたします。

振り返ってみる

思えば
私たちは、先に進むことばかりに必死だったのかもしれません。
何の話かといえば、「エリヤ」の練習のことです。

昨年10月12日の初回練習から
終曲までとにかく一巡しよう、頑張って前へ進もうと。

そして振り返る余裕もなく、ドイツ語に翻弄されながら。

2月8日の練習は、最後の2曲を残したままに、
すこし戻して歌いました。

「ほおらね、ちゃんと復習もしましょうね。」と
先生がお示しくださったような2時間でした。

行ったり来たり、忘れても覚えなおして、
木曜日以外の時間も大事だなぁと改めて思いました。